里山美術展

 

 

 

毎年ゴールデンウィークの時期、

 

和水町の肥後民家村では、

アートイベント「里山美術展」

が 開催されます。

 

 

第15回目を迎えるこのイベントに

幸いなことに、

今年も参加させていただきます。

 

 

 

 

蓮華光背600.jpg 

 

  

第15回里山美術展

 

☆★☆

 

5月2日(火)〜6日(土)

10時〜17時

(最終日は16時まで)

 

肥後民家村

熊本県玉名郡和水町江田302

 

 

   

 
山野家障子600.jpg 
 

 

詩人stanは、

 

山野家という古民家のなかで、

 

大型の書と詩の作品を展示します。

 
そして会期中は、会場に毎日常駐し、
   

あなたの目を観て、

インスピレーションで

メッセージの書き下ろしをします。

  
料金は、イベント特別価格で、
書かせていただきます。
 
  
☆★☆  
  
天気が良ければ、
縁側に机を出して、
太陽の光を浴びながら、
書き下ろしセッションを、行おうと思っています。
 
 

 

山野家縁側600.jpg  

 
  

5月5日(金)には、

14時から、中央広場ステージにて、

  

大書パフォーマンスを、します。

 

   

 
 
大筆600.jpg 

 

 

結婚して、和水町に移住し、

大きく変化した、

 

この私のパフォーマンスをぜひとも、見に来てください。

 

 

大筆を、新しく購入したので、それを使って

 

どんな作品を、パフォーマンスで、表現できるのか

 

 

今からワクワクします。

 

 
 

 

尚、肥後民家村から、車で5分ほど

 

走ったところにある 工房+木 さんの

 

2階ギャラリーでも、5月3日(水)〜7日(日)の間

 

写真に詩を筆文字で書いた小作品群を展示しています。

 
 
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

 

☆★☆ 

 
 

こちらのほうも、よろしくご観覧お願いします。

 

 
 
  
 

肥後民家村の中には、古墳がいくつかあり、

 

ほんの少し神秘的な雰囲気で、

 

そこにいるだけで、身が引き締まるような、

 

他では味わえない

独特の気が流れていて、

 

周辺には、菊池川や、

季節を彩る木々や草花といった

 

自然に囲まれた、すばらしい場所。

 

  

そういう場所であるからこそ、

 

たくさんのインスピレーションを受けることができて、

 

それが作品や、表現に反映されていきます。

 

 

 

ああ、それにしても、

 

はやく民家村の中にある、

茨(イバラ)の花を撮りたくてしょうがない!

 

 

 

 

*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*
  
 
インフォメーション

作品展情報
 
 
🔘5月2日(火)〜6日(土)
第15回 里山美術展
熊本県玉名郡和水町江田302
10:00〜17:00
(最終日は16時まで)
入場無料
大型作品の展示とメッセージの書き下ろしをします
 
🔘5月5日(金)
大書パフォーマンス
里山美術展にて
14:00〜 
肥後民家村野外ステージ
  
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125
 
 

作品展のご案内

 

 

昨年の冬、結婚を機に、

 

和水町に引っ越し、バイトをやめて、

芸術家として一本立ちする道を選んで 初の、

 

詩人stan の作品展を、開催します。

 
 

 

 

詩人stan 作品展2017

「 詩人は働かない。」

 

 

日時

2017年5月3日(水)〜7日(日)

10:00〜18:00

 

場所 

工房+木

熊本県玉名郡和水町高野1346−1

tel  090-1407-9479

 
『 工房+木 』は、菊水インターより 車で5分

 

 

 

 

作品展のタイトル

「 詩人は働かない。」 は、

これから詩人として、芸術活動一本で、生きていく

 

という

決意表明を、意味します。

 

 

結婚をして、和水町に移り住み、

大きく変化したライフスタイルの中

 

気持ちも新たにして、作品を制作するにあたり、

 

使う道具も画材も変えて、

 

今まで以上に、自分と正面から向き合い、

 

そこから出てきたものを、

言葉にして、描きました。

 

 

一言でいうなら、

 

 

 

今までの自分とは、違います。

 

 

 

 
 

ゴールデンウィークの最中では、ありますが、

 

ぜひとも、その目で作品を観に来ていただきたく思います。

 

 

 
   
きらきら花600.jpg 
 
 

ちょうど、この時期

和水町の肥後民家村では、

 

アートイベント「里山美術展」が開催され

 

そちらにも、私は、作品を出展、

会場では、

インスピレーションで、

あなたへのメッセージを書き下ろしします。

 
 
ふたつの会場は、
同じ一本の道で繋がっています。
 
車で、約10分の道のりです。

 

 

作品展を観られた後、里山美術展の私にも

会いに来てもらえたら、嬉しいです。

 
 
  
並んだ藤600.jpg 
   
工房+木での
「 詩人は働かない。」 では、
自分で撮影した写真に、
詩を筆書きした小品群を、
 
里山美術展では、
大型の書の作品を
展示します。
 
それぞれに
違った趣の展示となりますので、
お越しの際には、
ぜひ、両方の会場をご覧になってください。

 

  

 

  

*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*
  
 
インフォメーション

作品展情報
 
 
🔘5月2日(火)〜6日(土)
第15回 里山美術展
熊本県玉名郡和水町江田302
10:00〜17:00
(最終日は16時まで)
入場無料
大型作品の展示とメッセージの書き下ろしをします
 
🔘5月5日(金)
大書パフォーマンス
里山美術展にて
14:00〜 
肥後民家村野外ステージ
  
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125

 

最近出会った おもしろいミュージシャン

 
 

音楽を、たくさん聴き始めたのは、中学生からだった。

 

最初に興味を持ったのは、クラシック。

 

中学生のころ、音楽の先生が、曲名と作曲者を答える

 

小テストを行うために、

 

クラス全員に、有名な旋律を100曲ほど、

 

抜粋したカセットテープを、渡され、

 

それを一生懸命聴いていて、いつの間にか、

 

それが楽しみになったのが、きっかけだ。

  

 

テープと一緒に渡された曲目リストには、

 

作曲者や曲名だけでなく、

 

楽団や、指揮者、奏者の名前まで

 

載っていて、なんだか面白かった。

  

 

やがて、クラシックを聴きたさに

 

FMラジオで、番組をチェックしては、聴き漁り

 

気がつけば、洋楽ロックや、ポップを

 

ジャンルレスに聴くようになっていたし、

 

そのころは、それくらいしか楽しみがなかった、

 
といっても過言ではない。

 

  

これだけ音楽が好きなのに、

 

バンドを組んだり、楽器を弾いたりとか、

 

そういうのは、できなかった。

 

  

最近になってステージに立って

 

歌うようなことを、するようになったが、

 

今考えると当然の流れのように思える。

 

  

和水町の自宅アトリエにも、市内の実家にも、

 

去年の熊本震災を機にいくらか処分したとはいえ、

 

未だに山のようにCDがある。

 

  

ただ、ときどき普通のロックやポップが聴き飽きて、

 

訳の分からぬ前衛音楽や、現代音楽を

 

聴きたくなることがあるのだ。

  
  
 

 

  

そんなある日出会った音楽は、まさに

 

今の自分に、どストライク。

 

世界中の民族楽器を、自由自在に操り、

 

即興で、音楽を奏でるミュージシャンのライブを見に行って、

 

いろんな意味で、衝撃だった。

  

   
会場となったのは、玉名のちゃぶ台という
古民家食堂
 
 
その家屋の中の和室を舞台に

ところ狭しと楽器をふりまわし、ぐるぐるまわりながら、

  

独特な旋律を奏でるそのミュージシャンは

 

まるで仙人みたいだ。

 

  

ときどき、ふりまわした勢いがあまって

 

楽器を柱や天井にぶつかったりする音や、

 

音と音の隙間ですら音楽の一部となり、

 

繊細な、ひとつひとつの音が

 
混然一体となって

 

突き刺さって迫りくる。

 

 
 
  
奈良裕之さん
 

Youtubeにも動画があがっているので、

ぜひ観ていただきたい!

 
 

 

 

 
いたずらっ子のような無邪気さと、自由さ
 
破天荒さ
 
神聖さ
 
荒々しさ
 
無茶苦茶さ
 
深遠な静寂
 
何が起こるかわからないスリル
 
ユーモア
   
さまざまな要素が交り合う。
 
  

こんなことができるなんて、やはり音楽とは素晴らしい。

 

 

幸いなことに、コンサートが終わったあと

  

ご本人と、少しだけお話しをする時間があったが、

  

やはり何だか良い意味で、

 
荒唐無稽
 
子どもみたいで

 

頭のネジが一本とれているような方だった。

 

   

また機会があれば、聴きにいきたい。

 

即売されていたCDを買い忘れたのが惜しい。

 

 

 

 

 

*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*
  
 
インフォメーション

作品展情報
 
 
🔘5月2日(火)〜6日(土)
第15回 里山美術展
熊本県玉名郡和水町江田302
10:00〜17:00
(最終日は16時まで)
入場無料
大型作品の展示とメッセージの書き下ろしをします
 
🔘5月5日(金)
大書パフォーマンス
里山美術展にて
14:00〜 
肥後民家村野外ステージ
  
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125

 

 

延壽寺花まつり お寺バザ〜ル&野外フェス

 

 

4月9日日曜日は、

第四回 多良木 延壽寺 花まつり お寺バザ〜ル&野外フェス

で、

出店、書き下ろしを、しました。

 

お寺の本堂での出店。

 
 

延壽寺20170409書き下ろし風景600.jpg

 
 

とても良い場所で、仕事ができて本当によかった。

 

いい時間が過ごせました。

 
 
 
 
和さんメッセ制作風景20170409600.jpg
 
 
 お客様にも、
 

最高のメッセージを贈ることが、できました。

 
 
  
 

和さん書き下ろしメッセ20170409600.jpg

 
 
 
康子さん書き下ろしメッセ20170409600.jpg 
 
  
イベントでは、
お客様に紙袋を、
持ち帰り袋として
お渡ししています。 
 
そこには、
お名前と一文字を描いています。
 
  
賢太郎さん光持つ延壽寺600.jpg

 

  

 今日出会ったばかりの、身も知らぬ方々に
何の具体的な、話なども聞かずに
 
ただ、顔と目を見つめて、正面から向き合い
 
インスピレーションで、作品を描く。
  
 
それが、感動を生み出し、
 
涙ぐんだり、笑顔になったりする
人たちの姿を見て、
 
嬉しく思い、
 
  
また、これからも続けていきたいという、
明日への活力へと、繋がっていくんです。
 
 
 
はじめて行く場所での、
ひとりひとりとの出会い。
 
これからも、大切にしていきたい。
 
 
  
  

桐子さんと記念撮影20170409600.jpg

 
 

お世話になったた延壽寺のスタッフの方々、

来ていただいたお客様に、御礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

  
 
 
 
実は、私が住む和水町では、
この日、バンコカフェがあって、
 
このイベントにも出店したかった。
日時さえかぶっていなかったら。
 
今年の秋は必ず出店します!
 
 
  
それにしても、多良木町をはじめ
球磨川沿いの地域は、
すごーく写真撮影欲が湧いてくるような、
いい場所だったな。
  
 
   
+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+
  
 
インフォメーション
作品展情報
 
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125
 

 

沈黙

 
  

この映画観たいなぁと、思いながら

なーんか、怖くて観れなかった。

 

沈黙

 

 

でも興味深かったので、

あらすじやら、予告編をチェックしたりしていた。

 

なんで、興味深かったのかというと、

この映画の中に、自分が思い悩んでいたことの

答えがある気がしたから。

 

 

 

いまから書くことは、自分の思い込みであった。

と、最初に言っておこう。

 

 

世の中の正論とは・・・・・

 

弱い人間とは、自分の保身のために

嘘をつく人で、冷酷で、人に不幸しかもたらさない。

 

強い人間とは、自分の保身など考えず

正直に生きる人で、優しく、

人に幸せをもたらす。

 
 

 

  

自分は・・・・・だとするなら弱い人間である。

 

自分の保身のためには、嘘をつくだろう。

踏み絵だって、簡単に踏んじゃうかもしれない。

 

 

だから、上に書いたような正論が窮屈でしょうがなく、

 

そんな自分は、ダメな人間で、

人として、三流以下だと感じ、

 

だから、自信が持てなかった。

 

 

だけど、この“世の中の正論”と思っていたことは、

自分の勝手な思い込みだったのかも、

と、繰り返し予告編を観ながら

感じるようになった。

 

こういう思い込みに、

自分自身で気づくのは難しい。
 

  

いつか600.png

 

 

だから、いろんなものを観たい。

読みたい。

いろんな人に会ってみたい。

 

そして、 

詩で、表現して、

それに対する人の反応から

答えを探したい。

 

それなのに、

実は人の反応が、

怖くて怖くてしょうがない。

 

自信満々で、路上に座って

詩を書いている訳じゃないんだ。

   

  
   
   
+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+
  
 
インフォメーション
作品展情報
 
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125
 

 

あらためまして

ブログを、こちらに引っ越ししました。

 

 

熊本市内から、和水町に拠点を移して、新規一転。

 

 

ホームページも、近日中に立ち上げる予定で、

 

作品を、新たなる形で、発信できればと思います。

 

 

このブログでは、おもうがままに、ありとあらゆることに関して、

 

感じたことを書き綴っていきますが、

 

 

たくさんの方々に、読んでいただければ、幸いです。


 
 
 

近所のお気に入りのカフェで、ワインを呑んでるの図
酒は、たまにしか呑みませんが。
 
 
 
 
+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+
 
 
インフォメーション
作品展情報
 
🔘5月3日(水)〜7日(日)
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町

🔘8月16日(水)〜31日(木
ギャラリー&和カフェ『 水車物語 』
熊本県菊池郡大津町室125
 
 
 
1