渓谷の青

 

六月の半ば。

空は曇り空で、

淡い光が差していました。

ちょうど梅雨時でしたが、

ゆかりさんを、ポートレイト撮影したこの日だけは、

幸いなことに、雨に降られることなく、

迎えることができたのでした。

 

 

ゆかりさん03.jpg 

 

 

この日、ゆかりさんが着用してきた服の色が、

深みのあるブルー。

この日の曇りぎみの天気のせいか、

渓谷の水の色も、

晴天の日とは違った、ちょっと

渋みのある青い色をしていて、

ゆかりさんの服とすごくマッチしていました。

 

 

ゆかりさん04.jpg

   

   

そればかりでは、なく

曇り空からさす、淡い光といい、

渓谷の遊歩道の途中に

ちらほらと咲く、青いガクアジサイの花といい、

すべての揃った条件が、

この日のゆかりさんの撮影のために

準備されているかのようでした。

 

 

 

 

 

撮影当初は、緊張気味だった、ゆかりさん。

自由にしてもらって、構わないですよ。

と、言われても、、、、

と、戸惑う様子でしたが、

それも、また自然な姿。

     

 

ゆかりさん02.jpg

  

 

そんな状態からでも、

様々な表情を、捉えることが出来ました。

ぎこちない笑顔だったとしても、

物憂げにたたずんでいたりしても、

どんな表情であっても、

ステキなのです。

 

 

ゆかりさん20.jpg

 

  

ここに、こう立って、

ここで、こんなポーズを取ってと、

指示を出しながらではなく、

ほんとうに、自由にふるまっていただくこと。

それこそが、私のポートレイト撮影。

 

 

ゆかりさん15.jpg

  

  

人としての、自然な姿、

そのなかにある、本質的な美しさ。

そういったものを、

撮影して、その方の本質を

表現した、深いメッセージを、詩にして

書き下ろす。

これが、ポートレイトメッセージ制作です。

  

 

 

 

話は、それてしまいましたが、

ゆかりさんと、美子とで、

渓谷の中を、ゆっくりと

散策しながらの撮影で、

少しずつ少しずつですが、

緊張していた気持ちもゆるみ、

 

 

 

 

 

最後に、ガクアジサイの前で

撮影した写真では、

とまどいや、不安を感じながらでも、

前を向いて歩いていこうとする、ゆかりさんの

なんともいえず、美しい表情を、

捉えることが出来ました。

  

そんなゆかりさんから、

出てきた言葉は、

『 道 』。

 

 

044光木ゆかりさん.jpg

 

  

ゆかりさんは、たくさんの人に愛されながら、

そして守られながら、

ゆっくりと、そして確実に

道を、歩んで行かれるんだなあ、、、

そんな想いを、言葉にしました。

 

ゆかりさんとは、

私が、かつてギャラリーで作品展を

しているときに、私の作品を、気に入っていただいて

購入してくださり、その作品を、

直接ゆかりさんのもとへ、

納品しに行ったのが、きっかけで、

ながく繋がっていました。

  

 

 

  

あのころの私と、今の私では、

いろいろあってだいぶ変化しました。

 

今の私が、

変化していく過程にある、ゆかりさんの

ポートレイトを撮影しているのが、

なんだかすごく感慨深く思えました。

 

 

ゆかりさん08.jpg

 

 

ゆかりさん、撮影させていただいて、

ほんとうに、ありがとうございます!!

 

 

 

 

 【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

写真を撮られること、そして撮ること。

 

昨日なんとなく思いたって、

美子と一緒に、

フォトグラファー古川雅也さんの

MASAYA PHOTO写真展に行ってきました。

 

 

 

 

写真展では、お客様の写真撮影も

していただけるとのことだったし、

雅也さんと美子とは、前々からの知りあいで、

Facebookで、ポートレートの作品を、

よく見ていたというのもあって、

写真を、撮ってもらいたくなったというのも

あるんですが。

 

 

いざ撮っていただくとなると、

やはり、若干緊張したり、

少しだけ億劫な気持ちにも

なったりするのです。

 

 

 

 

美子とふたりで、撮影となると

そんなには、抵抗ないんだけど、

自分ひとりの写真となると、

何だか、照れくさいような

感じがして、うーん、って

なって、心が少し重くなりました。

 

だけども、不思議なことに

雅也さんのカメラの前に立つと、

気がついたら、いつのまにか

撮られるのが、気持ちよくなっていました。

 

 

 

 

雅也さんは、たくさんポートレートを

仕事で撮影されています。

だけども、人見知りされる方でもあるのです。

 

そして、私も人見知り。

人見知り同士。

 

なんだけど、撮るものと撮られるものとの

なんだか不思議な、心地よい

コミュニケーションが、そこに生じて、

お互い男同士というのも、あるのかもしれないけども、

すごく気持ちがよかったのです。

なんか、無理のないコミュニケーションが

とれていて。 

 

 

 

 

ああ、これが、撮られる側の気持ちのなかの

ひとつなんだなあ。

 

すごく良い経験になりました。

 

 

043余膳祥子さん.jpg

 

 

私も私なりのポートレートを、撮り、

そして、写真により深いメッセージを、

筆文字で綴り、

そして、一人一人の方々に

作品を、届けたい。

その人の、考え方や人生が変わるくらいの

作品を、届けたい。

 

 

 

 

誰にも真似できない

写真のうえに、直接筆文字を綴った

作品を、極めながら

制作し続けたいと、強く胸に思ったのでした。

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

ポートレートについて

 

 

私が、今手がけている、ポートレイトメッセージ制作。

おかげさまで、たくさんの方々を

撮影させていただきました。

ひとりひとりの方が、それぞれ魅力があり、

そういう方々と、生きている間

出会うことができて、うれしかったです。

  

 

040亀井純子さん2.jpg 

 

 

 私と美子の元へ、

撮影をしてほしいと、来てくださった方々は、

それぞれ、とても魅力的なのに、

様々な理由で、

あとひとつ自信がなくて、

自分を、ひらいていけなくて、、、という人達です。

しかしながら、意を決して

来てくださった方が、多かったように思えます。

 

 

 

   

私が、

そういった人達を前にして、できること。

 

それは、ただ無心にシャッターを

切ることです。

その方がいる、目の前の光景を

どんなふうに撮ったら

美しいのか。

ただそれだけを、追求しながら

シャッターを切るだけです。

 

 

043余膳祥子さん.jpg

 

 

人のことを良いとか、悪いとか

何ひとつジャッジせずに

ただ、そこに自然にi咲く花を撮るように

そこにいる方を、

撮るだけ。

 

笑ってほしいとか、

そこに立って、こんなポーズを

とってほしいとか、

何一つ注文することは、ありません。

 

 

042森智子さん.jpg

 

 

ただ、自由に好きなように動いていただくだけです。

動きたくなければ、じっとしていてもいいし、

笑いたくなければ、笑わなくても大丈夫。

 

自由にしていていいですよ、と言われて、

どうしていいか、わからず

とまどったとしても、それが

そのままのその方の姿で、

自然な姿なのです。

 

 

キキョウソウweb.jpg

 

 

何が間違っていて、何が正しいということは、

一切ありません。

 

私は、一生懸命、自分をひらこうと

している人、

どうしていいのか、わからず

とまどう人に

どうにかしようとして

何かを施すわけでもなく、

あれこれ評価するわけでもなく、

ただ、寄り添い、撮影するだけです。

  

 

  

  

その人の気持ちを、無理にこじあけることなく、

ただ、その人に寄り添う。

それが、

ポートレートメッセージ制作、

私と美子による

めおとセッションです。

 

 

 

 

 かくいう私も、

なかなか引っかかりがあって、

表に出せない自分を

ひらいていきたいと思っていて、

マリアヴォイスさんで、

ヴォイストレーニングを受けています。

 

 歌を歌うのが好きで、歌を人にとどけようとする姿勢を

身につけることによって、

自分をひらきたいと、思って修練している途中です。

 

 

 

 

 
ポートレート撮影や
写真をつかってのメッセージなど
ご注文での制作を承っています。
 
詳細・お申し込みは
下の↓ 各ページを、クリックしてください。
 
よろしくお願いします。

  

  

  

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 エッセンスフォトの紹介

エッセンスフォトとは...

私が撮影した

あなたの身の回りで、よく見かける

雑草や、草花の写真から

そのエッセンスを感じて、詩を綴ったものです。

 

あなたへのメッセージに、

あなたが大切に思う人へのメッセージになりますように。

  

エッセンスフォトは、写真に直接、手書きしていません。

筆文字をデータ化して処理しています。

写真に手書きしたフォトメッセージの作品は、こちらをご覧ください。

  

A4サイズ ・・・・1500円

2Lサイズ ・・・・・ 800円

ハガキサイズ ・・・ 500円

  
ご購入のお申し込みは、こちらから
  

※ 季節に合わせ、新作を随時、追加・差し替えしていきます。

 
マリーゴールドweb400.jpg

『 マリーゴールド

個性の 集まりは

ひとつの 美。

  

様々な形をした、花びらなのに

不思議なことに調和しています。

      

ツツジweb400.jpg
『 ツツジ 』

愛を 注いだ ぶんだけ

育ち ひろがる。

    

花は、天の恵みが

なければ、咲けません。

 

花菖蒲web400.jpg

『 花菖蒲 』

これからを どんなふう にでも 変えてゆける。

完成なんてない

続いて ゆくのだから。

   

自由自在な、曲線を描く花菖蒲の花びらは、

様々な創造力を刺激します。

 

花菖蒲ひとつ極めたらweb400.jpg
『 花菖蒲2 』

ひとつ 極めたら それは

すべての 道へと つながる。

    

絶妙なバランスで咲く

花菖蒲のように。

  

『 向日葵 』

あなたを ひらくのに ためらわないで

ひらいた そのときこそ 美しいのだから。

   

おもいきり、ひらいた ひまわりの花を、

見て思いました。

  

紫陽花web400.jpg

『 青い紫陽花 』

みれば みるほどに

あなたの 魅力は みつかっていく

だから隠さず 心ひらいて。

   

紫陽花は、何だかずっと見ていたくなる花です。

じっと見るたび、新しい発見があります。

 

ユキノシタweb400.jpg

『 ユキノシタ 』

ゆるしあい 交わるために

かたよらず まっ白で ありたい。

   

ユキノシタの花びらは、まるで、自由に飛び立つ

鳥のようです。

   

高砂百合web400.jpg

『 高砂百合 』

つらくとも 自分としっかり 向きあう

今と 未来を 変えていく。

    

涙にぬれて、うなだれているような

百合が、ただ そこに咲いている姿を見て。

 

ヤマアジサイweb400.jpg

『 ガクアジサイ 』

過去のことは 今のため

そして

未来の ために 今がある。

  

美しい川の水面のきらめきにも見えたガクアジサイは、

輝かしい未来のようです。

    

向日葵ひらいちゃくれないのか?web400.jpg

『 向日葵2 』

あなたは こんなに すばらしいのに

ひらいちゃ くれないのか?

   

すごく魅力あふれる人なのに・・・・・。

 

ベニシジミweb400.jpg

『 ベニシジミ 』

ただ ここに いること

それが 幸せだと 今 気づいた。

   

草むらのなか、たたずむ

ベジシジミをみると、ほっとします。

      

ササノハweb400.jpg
『 ササノハ 』

雨がやんだら 涙がかわき

かわいた心は 花になる。

 

ずっと降り止まない雨はありません。

 

キキョウソウweb400.jpg

『 キキョウソウ 』

あなたが あなたで あることが

唯一無二の 輝きで

そんな あなたが 必要だ。

     

どんな小さな花でも

輝きを放ち咲いています。

 

 
A4サイズ ・・・・1500円
2Lサイズ ・・・・・ 800円

ハガキサイズ ・・・ 500円

 

郵送料は、何枚ご購入いただいても、100円です。

同じ作品を、何枚でもご購入できます。

  
10枚以上ご購入の場合は、
枚数により割引いたします。

 

オリジナルの暑中見舞いの注文制作も承ります。

お問い合わせください。

 

ご購入のお申し込み 及び お問い合わせは

こちらから

 

※ 作品画像中の “ 詩人 賢太郎 ” の文字は、web 紹介用です。

印刷物には、表示されません。

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

大自然の中での微笑み

 

今回は、遠く大阪から、

熊本まで、お越しいただいた

祥子さんのポートレイトメッセージ作品を

紹介します。

 

 

余膳さん73000.jpg

 

 

「写真を撮られるのは、苦手で..。」

と言われていた、祥子さん。

 

まずは、美子とのメールのやりとりで、

撮影場所は、阿蘇小国の

ハーブ農園『あっぷるみんと』&自然食レストラン『風のもり』さんに

決まっていましたが、

水の流れに緊張を、流してもらうことを意図して

現地に向かう途中、菊池渓谷に

寄って行くことにしました。

 

 

余膳さん63000.jpg

 

 

渓谷を散策しながらの撮影。

その壮大なスケールを感じる

自然にふれ、緊張していた

身も心も、ほどけていき、

 

次から次へと、

美しい表情をした、ショットが、

産み出されました。

 

 

余膳さん33000.jpg

 

 

やはり、いつもながら、

このポートレート撮影、

自然の安らぎに助けられているんだなあと、

つくづく思います。

 

その後のあっぷるみんとさんでの撮影も、

敷地内の自然栽培農園の、

何だかホッと、するような雰囲気の中

面白い写真が、たくさん撮影できました。

 

 

余膳さん23000.jpg

 

 

私は、毎朝、起きて

庭の植物に水をやっていますが、

何となく水をまきながら、

心落ち着くような気持ちになるのです。

あっぷるみんとさんの自然農園は、

その時と同じような気持ちになれる場所でした。

 

 

余膳さん43000.jpg

 

 

 

 

その瞳の深い所に、熱い輝きを

秘めた、祥子さん。

 

 

 

 

そんな祥子さんから、エッセンスを

感じて、出てきた言葉は、

「自分なりの幸せを肌で感じて、導き出す。」

それを、『 導 』、という一文字で、表現しました。

 

 

043余膳祥子さん.jpg

 

 

文字の色は、ターコイズブルーです。

祥子さんの、見た目だけでは、わからない

深い所に潜む、青い炎のような熱意を、

あらわしています。

 

 

 

 

祥子さん自身のブログ

『 心と体にきくレシピ 』でも、

今回の撮影の模様を、紹介していただき、

嬉しい感想をいただいています。

 

「導き」

 

「自然の中にいると、ありのままの私でいられる。」

 

「花のように生きる」

 

「番外編<ちっとも飛ばへんやんか>の巻」

 

 

写真を撮られることが苦手

ましてや撮った写真を観るのもイヤ

そんな私が賢太郎さんに

撮っていただこうかと

思ったのは

熊本の雄大な自然と

賢太郎さん&美子さんご夫妻に

お会いしたかったから。

 

心が洗われるような大自然と

ありのまま自然体で

今を生きるお二人に癒され

いつのまにか

自然体の私になっていた

 

高瀬太郎さん&美子さんご夫妻

一緒にいるだけで安心に包まれます

 

 

 

余膳さん53000.jpg

 

 

∞ 

 

  

 ちなみに祥子さんは、

料理の先生やfloweringセラピーをされていて

先日、floweringセラピー® 認定セラピスト

になられました。

 

ホームページは、こちらです。

『クール・ド・ルセット』

 

これからも、

ふんわりと柔らかな雰囲気を持った祥子さんは、

芯の通った熱い気持ちで、その道を極めて

自分のことを、そして

たくさんの人のことを、導いていかれるんだろうなあと、

思います。

 

 

余膳さん83000.jpg

 

 

祥子さん、遠くからお越しいただき

撮影させていただいて、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

 

あなたの香りは、とどく。

 

先日、ブログで、撮影模様を、

紹介した、智子さんの

ポートレイトメッセージ作品が

完成しました。

 

撮影模様を紹介したブログは、こちら↓

 「お花畑で舞い踊る。」

 

メッセージ制作には、

気持良さそうに、

菜の花が近くに咲いている、茂みの中

歌い踊る智子さんを

捉えた写真を選びました。

 

 

042森智子さん.jpg

 

あなたは

とどまることなく

ひろがる

香。

行くべき

場所へと

とどく。

 

 

 

 

 

 

 

ごく自然に

身体が動いて

自己表現を豊かにされる智子さんから、

出てきた言葉は、

 

『 行き届かせる人。』

 

自分の想いを、しっかりと

伝えきる人。

それを、『 香 』という

一文字で表現しました。

その香りは、

必要な場所へと、届いていくんだなあ。

 

この作品に関しては、

智子さん自身のブログでも

綴っていただいています。

 

 

 

 

智子さんの自己表現、

感情表現を、体中で、楽しんでいる姿は、

詩や写真を使って表現をしている私ですが、

すごく共感できる部分が、ありました。

 

 

ちなみに、智子さんご自身のブログで、

この日の、撮影模様を紹介していただいてます。

 

 

高瀬夫婦に会ってきました

 

泣き姿

 

 

今回の撮影は、どこと場所を決めず

自然の中を、散策をしながら、

お花畑で、舞い踊る場面を撮れる

シチュエーションのある場所を

探し当てました。

何でもないところに、

意外にも絵になる場所があるんだなあ、

という発見があった撮影でした。

 

 

 

智子さん、

たくさん、自然で、美しい姿を

撮影させていただいて、ありがとうございます!

 

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

愛しき雑草

 

私の自宅の庭は、今ちょっとした家庭菜園になりつつあります。

妻の美子が、たくさん鉢植えの草花や、ハーブ、野菜などを

買ってきて地植えし、とうとうグリーンカーテンのネットまで

とりつけて、きゅうりや、ゴーヤなどを、昨日植えたところです。

 
 

 

 

そういった庭の草花に、毎朝起きて、水をまくのが

私の日課となり、最初のうちは、庭が広いし、

どこに植えたのか覚えられないし、面倒くさいなあと、

思っていましたが、、

今では、その水まきが、楽しみになりました。

 

 

むらさき3000.jpg

 

 

新芽がでてきたり、花が咲きはじめたり、地下茎がのびて数がふえたり

そんな植物の成長する様子を、見ているうちに、

楽しくなっていったのです。

 

 

ひめじょおん3000.jpg

 

 

そうしているうちに、目に入ってきたのが、

植えた、花やハーブなどと調和するように

生えている、雑草たち。

 

 

たいよう3000.jpg

 

 

様々な形をして、様々な色の花が咲く雑草は、

ひとつひとつが個性的で、その様相を、眺めるのが

楽しくて、近所を散歩したときは、雑草の

写真を、よく撮るようになりました。

 

季節ごとに変化する雑草を観察するのが

面白く、なんだか気持ちが、落ち着くのです。

 

 

どくだみ3000.jpg

 

 

そうして撮影した雑草の写真に、

筆文字で手書きした、詩を書いて

作品にしようとしていました。

手書きの作品は、同じように何枚も、書くことはできないので、

一点ものの、作品となってしまいます。

 

 

 

 

が、美子の提案で、その作品を、

量産して、必要としている方々に、

雑草のエッセンスを感じて綴った詩を、

より多く、とどけることが、できるようにと

パソコンで、筆文字と写真を編集して制作したのが、

エッセンスフォトなのです。

 

 

今のところ、表に出している作品は、四点で、

まだまだはじまったばかりの

エッセンスフォト。

 

これからも、たくさんの作品を、

制作追加していきますので、

よろしくお願いします!!

 

 

ききょうそう3000.jpg

 

 

ちなみに、

庭や近所に生えている雑草の中には、

食用になるものが、結構ありまして、

よく、我が家の食卓に並ぶようになりました。

特に、自宅の隣の廃校になった小学校の

敷地内は、雑草や草花の宝庫なんです。

そんなことに、豊かさを感じる、日々を生きています。

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

結婚について

 

妻の美子と結婚して、

やがて、一年半の月日が、経ちます。

 

 

あじさい3000.jpg 

 

 

結婚しないとわからなかったこと。

結婚したら、できるようになったこと。

 

世の中、やってみないとわからないことだらけだなあ、

と、今だからこそ思います。

 

独身時代、私は、結婚なんて、できるとは

思ってもいなかったし、

結婚願望なんて、まったくなかったし、

願望よりも、先に

自分という人間には、結婚などする資格は、ないとさえ

思っていました。

 

 

あざみ3000.jpg

 

 

 

自分は、人間として、ダメだと思っていたのです。

 

 

当時の私といえば、

コンビニのバイトを、しながら

詩人の作家としての活動をしていて、

将来性を微塵も感じさせないような人間で、

世間の女性からみたら、結婚の対象には

決してならないような人間であると

信じていました。

 

 

あじさい23000.jpg

 

 

表向きは、

人と結婚の話題になったら

「縁があったらいいですよね。」

なんていいながら、

心の中では、永遠に孤独であることを

確信していたくらいでした。

 

ところが、二年前の三月に、

美子と出会ってから、

わずか半年の急展開で、

気がついたら、

結婚していたのです。

 

 

きんけいぎく3000.jpg

 

 

私には、人として欠けている部分は、

たくさんあったと思います。

まあ、それは、思い込みである可能性もあるんだけど。

ただ私は、

結婚できるようになるためには、

ありとあらゆる条件、

金や、安定した仕事、人間として完成されているかどうか

など、満たされなければならないと

強く思ってました。

 

だけども、そんな条件など満たされていなくても

結婚できるんだなあ、と

この一年半の美子との生活の中で、

次第に感じるようになりました。、

 

 

やまあじさい3000.jpg

 

 

人間というものは、

できないから、やらないという生き方ではなく

できないかどうかわからないけど

やってみる、という生き方をしないと

人としての成長は、ないんだ、

ということが、わかったのです。

 

 

 

だいいち、結婚できるような、条件などと

いっても、それは、何を基準にして

決められるものなんでしょうか?

結婚できない理由を、わざわざ、自分の中から探し出して

できないということにしていただけなのでは、ないのか?

 

そもそも、男らしくて、スケールが大きくて、

仕事もできて、お金も沢山持っていて

人柄も良くて、

そんな、人間がいったいどこにいるというのだろうか?

 

 

 

 

結婚するに値する、もしくは値すると思われる人間

(それも、またあやふやなものであるが。)

になるのを待っていたら、

いつまでたっても結婚できないだろうなあ。

 

そもそも、人間というものは、

結婚して、結婚生活で、

いろいろ経験を重ねながら

壁をのりこえて

人間として成長していくものなんだなあ、

と、結婚して一年半の私は

しみじみ思っています。

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

よびさます人。

 

先日、ポートレート撮影の模様を

 

紹介した、明子さんの

 

ポートレイトメッセージ作品が、完成しました。

 

その日の撮影の様子のブログは、こちら↓

秘密の花園でポートレイト

 

 

ごく自然に、水源地の清らかな雰囲気に

溶け込んでいく、明子さんから感じて、

出てきた言葉は、

 

『 よびさます。』

 

奥深く眠っているものに、

光をあてて、

よびさます。

 

埋もれているものを、

引き出し、光をあてる。

 

それを、『 光 』という一文字で表現しました。

 

 

 

撮影の間、スーッと脱力して、

自然とさりげなくつながる

明子さんは、

ちょっと眠たそうだったけど、

すごく気持ち良さそうでした。

 

一言でいうならば、

すごくピュアーな感性を、

持っている方なんだなあ。

 

 

 

明子さん、

撮影させていただいて、

ほんとうに、ありがとうございました!!!

 

 

 

ちなみに、明子さんは、

熊本市内のほうで、

アニマルセラピーのサロンを

されています。

こちらが、ブログです。

シャロームアニマルセラピーハウス熊本

 

 

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

 

 

【 販売作品 】 フォトメッセージの紹介 ・・・ 最新

詩人  碾 賢太郎 自らが撮影した写真に

自作の詩を 筆文字で手書きした

一枚一枚が オリジナルの作品です

 

“ あなたへのフォトメッセージ ” の制作も承っています

注文制作の詳細については こちらのページへ   

 

『 空へと 』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
もがくように曲線を描いて 空へと伸びようとする 桜の樹の姿に、
私の想いを 重ねて。
 
 
『さようなら』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
数ある出会いの中 出会ったあなたと、また会えると信じて。
  
 
A4何にも流されず500.jpg
『何にも流されぬあなた』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
周囲の物事に流されず自分を持って生きている人は、
かっこいいなぁ。
  
 
A4心から500.jpg
『心から』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
すべての行いに心を込める。
忙しい日々が続くと、ついつい忘れがちだから・・・。
 
 
A4深化500.jpg
『深化』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
自分の好きなことを極めるとは、
深めていくことなんだなあと思う。
 
 
A4真実500.jpg

『真実』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
この如意輪観音様は、熊本の植木町にある 味取観音瑞泉寺という
俳人 山頭火が放浪の旅にでる前に、一年ほど、堂守をしていたといわれる
お寺の境内に、いらっしゃいます。
 
  
A4命ひとたび500.jpg
『命ひとたび』

A4サイズのプリント写真に 筆による手書き 

7,700円( 額装・送料込み ) 
 ご購入のお申し込みは こちらから
 
ある人が言った、私が好きな言葉。
一度しかない生き方、悔いがない生き方ってなんだろう、
と 常に問いかけ続ける。
  
 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ