花瓶にさした花〜フォトメッセージ作品の紹介〜

 

 

本日、紹介する、フォトメッセージ作品は、

ここ数年、大変、私の作品を、気に入っていただいている方で

とても、懸命に、生きている方に

書かせていただきました。

 

 

フォトメッセージとは、

 

あなたの顔と目を見て、瞬時に感じる言葉から

詩を紡ぎます。

 

あなたから紡がれた詩と

あなたから感じるイメージ ・・・色・カタチ・情景・・・ を合わせて

ひとつの作品にしたものが、

 

詩人  碾 賢太郎オリジナルの フォトメッセージです。

 

 

 

 1、 あなたの顔写真を、メールで、送っていただきます。

 

2、 その顔写真を見て、感じるものをもとに

私が撮影した中から

花、夕日、海などの写真を選びます。

 

3、 選んだ写真に

今のあなたへのメッセージを 詩にして、

筆文字で、手書きします。

 

 

 

 

 

 

この方には 

何度もお会いしたことは、あるのですが、

作品を書くにあたって、

初めて出会った方と同じような状態、

すべての先入観を

捨てたうえで、制作しました。

 

何度も、なにかのおりに、書かせていただいる方には、

いつも、このように、情報を、

一度白紙に戻した状態で、作品制作にあたっています。

 

今回、この方の顔写真を、見て

感じたものは、

まず色はピンクだったのですが、

直感で、二枚の写真を選びました。

 

そして、その二枚から、これがしっくりくる!と

思ったのが、この写真。

 

あるカフェに入ったときに、

ふと目について撮影した

花瓶にさした、ガーベラの花。

なんか光のあたり具合が、気に入って。

 

 

 

 

この写真を選んだことに関しては

なんとも説明しがたく直感としか、

いいようが、ないのです。

 

浮かんだ言葉は

「 信じる 」、「 光と影 」。

 

今までの光と影を、しっかり感じて

そしてそのすべてを、肯定して信じていく。

そんなイメージです。

 

 

作品を書かせていただいて、ありがとうございます!

 

 

 

 

フォトメッセージは、あなたのプロfフィール写真を、

送っていただくだけで、

制作いたします。

詳細は、こちらのブログよりご覧になれます。

 

フォトメッセージ制作

 

お申込み、お問い合わせは、

こちらのフォームより

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

2020年カレンダーまだまだ販売中です。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

twitter 詩人高瀬賢太郎 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菜の花オーラ〜フォトメッセージ作品の紹介〜

 

 

本日は、ご依頼いただいて、とあるご夫妻に

書かせていただいたフォトメッセージ作品の紹介です。

 

 

 

フォトメッセージとは、

 

あなたの顔と目を見て、瞬時に感じる言葉から

詩を紡ぎます。

 

あなたから紡がれた詩と

あなたから感じるイメージ ・・・色・カタチ・情景・・・ を合わせて

ひとつの作品にしたものが、

 

詩人  碾 賢太郎オリジナルの フォトメッセージです。

 

 

 

 1、 あなたの顔写真を、メールで、送っていただきます。

 

2、 その顔写真を見て、感じるものをもとに

私が撮影した中から

花、夕日、海などの写真を選びます。

 

3、 選んだ写真に

今のあなたへのメッセージを 詩にして、

筆文字で、手書きします。

 

 

 

 

今回は、ご依頼された方が若いころから、お世話になっていた

ご夫妻へ、プレゼントされたいとのことで

作品を、書かせていただきました。

 

ご夫妻の顔写真を、見て感じたもの、

それは、

ふわっと包むように見守る

毛布でもやさしくかけるような。

だけど

ただやさしいだけではなく

厳しい一面。

 

そういったことから

選んだ写真は、

寒空の中、しっかり立って

咲く菜の花。

 

九州だと、年明けからまもなく

菜の花は、咲きだすのです。

 

私が住む熊本、和水町の

隣町である、玉名市の

菊池川の河川敷に咲く菜の花を

撮影したときの写真が、これです。

 

そして、浮かんだ一文字は、「 恵 」。

やさしく、厳しく育てる感じです。

 

それを、強い陽射し、やわらかなこもれび

という言葉で、表現しました。

 

作品を、書かせていただいて、ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

フォトメッセージは、あなたのプロfフィール写真を、

送っていただくだけで、

制作いたします。

詳細は、こちらのブログよりご覧になれます。

 

フォトメッセージ制作

 

お申込み、お問い合わせは、

こちらのフォームより

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

2020年カレンダーまだまだ販売中です。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

twitter 詩人高瀬賢太郎 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨上りの朝〜フォトメッセージ作品紹介〜

 

 

本日は、長年、お世話になっている男性の方に

制作したフォトメッセージ作品の紹介です。

 

フォトメッセージとは、

 

あなたの顔と目を見て、瞬時に感じる言葉から

詩を紡ぎます。

 

あなたから紡がれた詩と

あなたから感じるイメージ ・・・色・カタチ・情景・・・ を合わせて

ひとつの作品にしたものが、

 

詩人  碾 賢太郎オリジナルの フォトメッセージです。

 

 

 

 1、 あなたの顔写真を、メールで、送っていただきます。

 

2、 その顔写真を見て、感じるものをもとに

私が撮影した中から

花、夕日、海などの写真を選びます。

 

3、 選んだ写真に

今のあなたへのメッセージを 詩にして、

筆文字で、手書きします。

 

 

 

このフォトメッセージを

制作させていただいた、

この方との出会いは、

私が、熊本市内の下通繁華街の路上で、

詩を書いて、販売していたころ。

もう十年以上前の話です。

 

 

 

 

 

 

それからというもの、

作品を、たくさん頼んでいただいたり

ご縁をいただいたりして、

本当にお世話になった方なのです。

 

この方から頂いた顔写真から

感じたもの。

 

それは、誠実さ。

深い家族愛、人への愛があって

そういったことが、

「思いやりで心を浸す。」

という言葉を、紡ぎだすに至りました。

 

そして、

澄み切った、空。

そういったイメージが浮かんで

 

かつて、琵琶湖で撮影した、

雨上がりの朝の空の写真を選びました。

 

 

お世話になった方に、

手紙を書くような気持で、

フォトメッセージを制作できたのは、

私にとって、いい体験でした。

 

作品を、制作させていただいて

ありがとうございます!!

 

 

 

 

フォトメッセージは、あなたのプロfフィール写真を、

送っていただくだけで、

制作いたします。

詳細は、こちらのブログよりご覧になれます。

 

フォトメッセージ制作

 

お申込み、お問い合わせは、

こちらのフォームより

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

2020年カレンダーまだまだ販売中です。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

twitter 詩人高瀬賢太郎 

 

 

 

 

 

 

 

 

白と紫〜フォトメッセージ作品の紹介〜

 

 

本日も、制作させていただいた

フォトメッセージ作品の紹介です。

 

 

フォトメッセージとは、

 

あなたの顔と目を見て、瞬時に感じる言葉から

詩を紡ぎます。

 

あなたから紡がれた詩と

あなたから感じるイメージ ・・・色・カタチ・情景・・・ を合わせて

ひとつの作品にしたものが、

 

詩人  碾 賢太郎オリジナルの フォトメッセージです。

 

 

 

 1、 あなたの顔写真を、メールで、送っていただきます。

 

2、 その顔写真を見て、感じるものをもとに

私が撮影した中から

花、夕日、海などの写真を選びます。

 

3、 選んだ写真に

今のあなたへのメッセージを 詩にして、

筆文字で、手書きします。

 

 

 

 

今回は、本当に一度もお会いしたことがなく、

メールなどで、メッセージのやりとりをしたくらいの方に

作品を制作させていただきました。

 

 

送られてきた顔写真から、

イメージできたもの。

 

それは、「 濃く深い紫色そして白。 」

「 本物を追求している。 」

そういった色や言葉が、浮かんできました。

 

 

そんなイメージから

選んだ写真は、

やはり深い紫色の中咲く、白い花菖蒲。

 

写真は、昨年撮影した、

私が住む熊本、和水町の隣町である

玉名市の花菖蒲。

 

玉名市には、花菖蒲の名所が、あるのです。

 

 

話を作品について戻します。

 

本物を深く追求して、

飛び立っていく。

そんなイメージから「 翔 」という文字が

浮かびました。

 

 

 

 

たとえ、一度もお会いしたことがない方であっても

いや、それだからこそ、

何かを感じて、深くつながることが

凄く楽しいです。

 

作品を、制作させていただき、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

追記

 

このフォトメッセージ作品を書かせていただいた方は、

曼陀羅を描いていらして、

このことは、作品が完成した後に知ったのです。

今回の私の詩の内容と、まさにピッタリ一致するところも、

ありました。

何度も塗り重ね、真を追求というところは、

まさに、曼陀羅の絵を描くところを想起させます。

が、しかし、それはあくまで表層的なところで、

私の詩の表現するところは、

なぜ、この方が、曼陀羅の絵を今、

描いているのか、その意味であるように

思えてなりません。

作品が、完成した今だからこそ、そう思うのです。

 

 

フォトメッセージは、顔写真を、

送っていただくだけで、

制作いたします。

詳細は、こちらのブログよりご覧になれます。

 

フォトメッセージ制作

 

お申込み、お問い合わせは、

こちらのフォームより

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

2020年カレンダーまだまだ販売中です。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジ色の情熱〜フォトメッセージ作品紹介〜

 

 

本日は、制作させていただいたフォトメッセージ作品を、

紹介します。

 

フォトメッセージとは、

 

あなたの顔と目を見て、瞬時に感じる言葉から

詩を紡ぎます。

 

あなたから紡がれた詩と

あなたから感じるイメージ ・・・色・カタチ・情景・・・ を合わせて

ひとつの作品にしたものが、

 

詩人  碾 賢太郎オリジナルの フォトメッセージです。

 

 

 

 1、 あなたの顔写真を、メールで、送っていただきます。

 

2、 その顔写真を見て、感じるものをもとに

私が撮影した中から

花、夕日、海などの写真を選びます。

 

3、 選んだ写真に

今のあなたへのメッセージを 詩にして、

筆文字で、手書きします。

 

 

 

 

本日紹介する作品は、

長年のお付き合いがあって

とてもお世話になっている方へ、

書いたフォトメッセージです。

 

この方には過去に私の作品展で

出会って以来、ことあるごとに

メッセージ作品を、書かせていただいています。

一言でいうなら、

優しい方なんですが、

ただ優しいだけではなく、

もっと深いところから、

人にふれ、

真剣に向き合ってくださる、

そんな方です。

 

 

 

この方のブログで

素敵に私の作品を、受けとっての感動を

丁寧に書いて下さり、ご紹介いただいています。

 

闇を照らし出す言霊

 

 

この方から、送っていただいた二枚の顔写真をみて

感じたもの。

 

それは、まず、色です。

 

黄色いなかにある赤

そして、オレンジ色。

情熱。

ふわりとした柔らかさ。

 

写真は、以前私が、菊池渓谷で撮影した

キツネノカミソリの花を選びました。

 

そして浮かんだ言葉は

「 ふわりとした情熱 」

 

こうして出来上がった作品が、

これです。

 

 

 

 

作品を、書かせていただいて

ありがとうございます!!!

 

 

 

今まで出会った方、これから出会う方。

この方を、作品にしたら、どんなふうになるんだろう。

そんなワクワクした思いで、書かせていただいています。

 

 

 

フォトメッセージは、顔写真を、

送っていただくだけで、

制作いたします。

詳細は、こちらのブログよりご覧になれます。

 

フォトメッセージ制作

 

お申込み、お問い合わせは、

こちらのフォームより

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

2020年カレンダーまだまだ販売中です。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃厚な香りと、ともに贈る〜フォトメッセージ注文制作作品紹介〜

 

 

とある、ご家族様へのメッセージを

お願いしますということで、

フォトメッセージの

ご注文を、いただいて、

作品を制作しました。

 

 

じんわりと

命を たためながら

朝の陽が

夜明けを 染めていく

 

 

 

フォトメッセージの注文制作

するにあたり、

まずは、お客様から

メールで、ご自分の顔写真を

送っていただくのですがが、

この、ご家族様の写真をみて

浮かんできたキーワードは、

濃厚な味わい深さ。

 

 

濃厚な、香を運んでくる

梅の花のような、味わい深さを

ご家族のひとりひとりが、

持っていらっしゃるように

私は、感じました。

 

 

そこで、

今年は、梅の花を、今まで以上に

たくさん撮影していたのですが、

中から、ことばのイメージに近い写真を

選び出したのです。

 

朝陽に照らされた、梅の花の写真。

 

じわじわと、朝陽がのぼり、

照らしていくような、そんなイメージを

表現しました。

 

 

幸世さん、メッセージを書かせていただいて、

ありがとうございました。

 

 

 

 

フォトメッセージ作品は、

注文制作で、おつくりしています。

 

お問合せ、ご注文は、

こちらのフォームの

フォトメッセージ注文制作のところを

チェックしてください。

 

あなたが、お世話になった方へ

あなたが、大切に想う方へ

ご家族に

還暦、出産、ご結婚のお祝いに

ご入学、転勤など

あなたが可愛がっているペットへ

 

詩のプレゼントは、いかがでしょうか?

 

あともう少しで春になります。

新たなるスタートを切る方もいらっしゃるかと、

思います。

 

そんな自分自身へのプレゼントとしても

ご注文いただけます。

 

作品制作を、通して

あなたと、心の交流が、できたら

幸いです。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

新たな道を進む

 

 

 

季節はずれではないのか、、、

と思われたでしょう。

 

 

今回は、

最近、お客様のもとへと旅立った、

この桜の写真の

フォトメッセージ作品についてのお話です。

 

 

 

お嫁入り先は、

先日、私のこのブログ

真っ赤なコスモスのギフト でも、紹介した

 

美子に絵の注文制作を

ご依頼されていた方です。

 

 

その絵は、『 水の祈り ∞ 落花流水

桜 と 水 をモチーフにした絵です。

 

 

 

 

桜の季節と言えば、

入学式だとか、社会人なら、入社式がある時期。

つまり新しい生活が始まる季節です。

 

そのお客様も、桜の季節とは、

ほど遠い時期では、あるものの、

新しい生活へと、変化するという

状態にあって、

美子の絵の作品とも、

連なりを感じるような、

私のこのフォトメッセージ作品に

ピンと来るものが、あったようです。

 

 

 

 

 

この桜の写真は、

二年前、熊本で地震があった日の

一週間くらい前に撮影したものです。

  

そして

詩を綴ったのは、

撮影した二年後の

今年の春ごろで、

 

その当時の私の心境が、反映されている、

内容です。

 

その時の ぐずついた状態から、

抜け出したくて、たまらない、という

そんな気持ちを詩に綴りました。

 

 

作品を、お買い上げいただいた

お客様も、同じように

これまでの状態から抜け出して、
新しい一歩を踏み出そうと

していることが、メールのやりとりで、

うかがえました。

 

 

 

 

作業中に うっかり、データを

削除してしまったため、

この写真は、プリントアウトしていた

最後の一枚。

 

一発で、うまくいくか

一か八かの、写真に直接の手書きでしたが、

うまく書けて、

すごく嬉しかったのを、覚えています。

 

 

 

作品は、美子の絵と、隣り合わせで、

新居の壁に飾って下さっているそうです。
 

 

 

美子の絵と共に、私の作品が、

その新生活の舞台で、役割を
果たしてくれたらいいなと思います。

 

 

 

 【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

Instagram  詩人 賢太郎

 

 

 

10月21日(日)
バンコcafe Vol.16出店します
肥後民家村旧布施家

熊本県玉名郡和水町江田302

10:00〜15:30
入場無料
 
あなたの目を見て
今 あなたに必要なメッセージを
その場で筆文字で書きます

 

美子の母へのメッセージ

 

今日は、私が、以前、美子のお母さんへ、書き下ろした、
フォトメッセージの作品と、
美子が、かつて、お母さんへと、描いた絵 「たね」
を、ご紹介します。
 
 
お母さんへ選んだ写真は、
私が美子と朝から近所を散歩しているとき、
見つけた朝顔を、撮影したもの。

 

 

朝露に濡れた花びらが、綺麗でした。
 

 

 

 

 

 
 

 

  

この写真を選んだときは、知らなかったのですが、
美子のこの絵は、お母さんのおっぱいを、描いたもので、

「  豊かさ  」を表現していて、
 

 

不思議と、私が、写真に書き下ろした言葉とも、
つながっているように思えました。

 

 

 
 

 

 

 

 

  
 

 

 

 

 

この朝顔の写真と、美子が描いた絵も、どこか
似ているような気がします。 

 

 

 

************************************* 
 
フォトメッセージは、ご両親や、
お世話になった大切な人への、誕生日のプレゼントとして、

贈ることもできます。
 
 
フォトメッセージとは、
あなたの顔写真
(お友達などにプレゼントされる場合は、その方の顔写真)を、見て、

その方のエッセンスを表現する写真を、
私が撮影した写真(花、夕陽、空、海など)から選び出し
その写真に、あなたの本質のすばらしさを表すメッセージを、

筆文字で、手書きで書き下ろします。

 

 

 

 

あなたへの 『 フォトメッセージ 』 を 制作します!

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

1