コロナ

 

 

世の中が、コロナコロナと、騒がしくなって

もう、二ケ月くらいになったでしょうか?

 

私なりに、コロナについて言及してみようかと

今日は、ブログを、書いています。

 

ハッキリ言って、難しいことはわかりません。

が、私が感じていることは、

 

このコロナの騒ぎで、

既存の価値観が、ひっくりかえって

今まで、この世の中が、生きずらいなあと

思っていた人たちが、

逆にすごく生きやすくなっていくのではないかと

いうことです。

 

 

 

 

ほんとうに自分という人間を、

活かすことが出来る時代が来るような

気がします。

 

そして、私は、淡々と、詩を書き綴り

好きな花の写真、雑草の写真を

撮り続けます。

 

 

 

 

そして、こんなに美しいものが、

身近に、あるんだということを

人に見せていたいです。

世の中が、どう変わろうと。

 

 

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

あなたへのフォトメッセージ制作します。

顔写真をおくっていただくだけで、できます。

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

花を持つ。

 

 

お祝いの花束を、渡す瞬間、

そこに何か独特の空気感が

流れて、すごく気持ちが、よくなります。

 

人に会いに行くとき

花束を、持っていくことが時々ありますね。

 

そのときの、ワクワクした気持ちは、

なんかいいなあと、思います。

 

 

たとえ、花束を今、持っていなくても

自分の中に、見えない花束が

存在していたら、どんなにいいだろうと思います。

 

逢いに行くときに、

常に、かたわらに花を。

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降る日は

 

 

私が好きな映画監督の映画は、

必ず、本編のほとんどのシ−ンで

雨が降っているのです。

それは、土砂降りだったり、

小雨だったり。

 

雨が降ると、なんだか

いつもよりも、見える風景が、違ってみえたりして、

感覚が変わるような気がするのです。

 

 

 

 

雨音に耳をすましてみたら、

ありとあらゆる響きがそこにあって

ひとつの音楽を奏でているようです。

 

それにしても、

雨という字は、絵になるなあ。

 

あと数か月もすれば、梅雨時。

いろんなものを、洗い流して

すっきりしてくれたら。

そんなことを、望む、今日この頃です。

 

 

 

 

2020年春のポストカードセット販売中!

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

破るということ

 

私にとって、

破るということは、

変化。

なかなか変われないけど、

変わりたい、

突然変わるなんてことは、

できないし、

それは、無理をしていることに

なるんだろう。

 

 

 

 

だけども、

根本の部分で

次の段階に、行きたい。

今まで見れなかったものを、

見てみたい。

そんなふうに思っていると、

自ずと、変化を求めるようになっていきます。

 

変化とは、進化であり、

そして深化でもあると思います。

常に深化していたい。

この思いが、とぎれることなく

続いていけばいいなあ。

 

 

 

破るってことは、

次の場所に行くことなのです。

 

常に、次はどこへ行こうかって

探求を続ける気持でいたい。

 

それは、ある意味

破壊することです。

 

今までのことを、破壊して

まったく新しいものを、起こすということ。

 

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無について

 

 

なんか、どうしても

 

目の前の、うまくいっていないということに

囚われがちだ。

 

そこにばかり、着目してしまい

 

 

もっとすぐ、目の前にあることを

 

見落としています。

 

一番、大事なことを

見落としています。

 

今、そこにあることを、

見逃しています。

 

だから敢えて

 

「 無 」という字を

書くのです。

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

越えること

 

 

越えるっていうと、なんか

すごーく、きついなあって思ってしまう。

 

だけど、今の自分にとって

越えるってことが、なんだか大事なことに感じていて、

 

きついことだけど、ワクワクすることでもあります。

 

できれば

 

楽しみながら

 

越えるべきところを、越えていきたい。

 

越えるには、勇気が必要?

 

越えるには、努力が必要?

 

越えるには、根性が必要?

 

なんか、そういうのやだなあ。

 

間違っているのかもしれないけれど。

 

気持ひとつあれば、

いいような気がするのです。

 

 

 

 

 

 

【 販売作品 】 書の紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

1