∞ めおとわごう ∞ 展 御礼!

 

  

∞ めおとわごう ∞ 展、私が結婚して、

  

はじめてのカフェギャラリーモカさんでの作品展

  

そして、はじめての妻の美子との

  

コラボ作品展示、と

  

はじめてづくしでしたが、

 

たくさんのお客様が、

 

足を運んでくださって、

 

11月30日木曜日から12月4日月曜日までの

 

5日間という、短い間に

 

楽しくて濃厚な時間を、過ごすことができました。

  

  

 展示風景600.jpg

    

 

特に嬉しかったのは、

  

今まで、『 ポートレイト撮影+メッセージの書き下ろし 』 セッションを、

 

受けて下さったお客様たちに、

 

足を運んでいただいたこと。

  

  

  

ヨガヨガ600.jpg

 皆さんの写真すべてをここに紹介したいのですが・・・・・ごめんなさい

  

 

それ以外にも、遠く福井県から、

 

facebookを、見て、

 

私たち夫婦に会いに来てくださった、

 

お客様もいらっしゃいました。

 

 

展示風景1600.jpg

  

  

今回の ∞ めおとわごう ∞ 展のコンセプトは、

 

その名のとおりいかにして、

 

夫婦で、コミュニケーションをとりながら

 

ひとつの作品を仕上げていくのかということ。

  

 

真のコラボレーション。

 和合。

  

 

それを作品で表現すること。

 

 

一時は、どうなるんだろうという

 

展開だったのですが、結果として

 

自分でいうのも何ですが

 

上出来な作品展になって良かったと、

 

今、振り返って思います。

  

 

展示風景2600.jpg 

 

 

作品展開催日ギリギリまで、

 

妻とのコラボ作品を、

 

何度も描き直しながら、

 

喧嘩しながら制作。

  

 

しまいには、「こんなものは、表に出せない。」

 

というものしか、出来ず

 

やっと前日の夜おそくまで制作して

 

完成させたので、大変でしたが、

 

自分自身にとっては、成長につながったので、

 

やった甲斐がありました。

 

 

最初は、あまり怒ったり喧嘩したり

 

というのは、嫌いなんで、冷静に

 

作品を制作しようと、思うのですが、

 

結局は、妻から、できたものに対して、

 

いろいろと、ちゃぶ台でも、

 

引っくり返すような勢いで、

 

ボロクソに言われると、

 

ムッとして、腹が立ち、

 

喧嘩をせざるを得ない状態に

 

なってしまうのです。

 

 

だけども夫婦としてやっていくにあたっては、

 

こうして衝突するのも通過儀礼なんだなあと、思います。

 

 

しかも妻が、作品展示会場を、

 

埋めるだけの作品が、全然ないことに

 

作品展開催数日前に気づいて、

 

今まで、美子が絵を注文制作させていただいたお客様や

 

絵を購入していただいたお客様に

 

連絡して、この作品展のために

 

作品を貸し出していただくことになったのです。

 

 

一度納品した作品を、貸してくださいというのは、

 

美子も気が引けるような思いだったようですが、

  

お客様が、皆快諾して、貸してくださり、

 

これが、美子が、長年、

 

一人一人の人間と向き合い、

 

作品としっかり向き合いながらやってきた

 

成果なんだなあと思うと、

 

有難い気持になると同時に、

 

すごいなあと感心しました。

 

 

そして、続々とパワフルな美子の納品されていた作品が、

 

持ち主の方々から集まってくるのを、目の当たりにして、

 

これを、カフェギャラリーモカさんに、

  

展示したらどんな風になるんだろと、

 

ワクワクしました。

 

 

この作品群が一堂に会して、

 

展示されたら、すごいことになるのは、

 

やる前から想像がついたから。

 

 

もうひとつ、私にとって面白かったのは、

 

借りてきた作品を、ただ展示するのではなくて、

 

美子の提案で、一枚一枚の美子の絵に

 

私がインスピレーションで、詩を書いて、

 

それを、絵の隣に展示したこと。

 

 

これは、最近、美子が、注文制作した絵に対して、

 

私が別紙に書いた詩を、絵に添えて

 

お客様にお渡ししたことが、きっかけになってます。

 

※ この詩と美子の絵のコラボに関しては、 

また、別の記事にて紹介したいとおもいます。 

 

 

とにかくギリギリまで、一生懸命、準備して、

 

いざ会場に搬入、展示してみると、

 

想像以上に凄い空間になりました。

 

 

展示風景3600.jpg

  

  

かくして、前にも書いたように、

 

作品展期間中、息をつく間もないくらいに

 

たくさんのお客様が、来場されて、

 

たくさんの出会いがあり、楽しい時間となりました。

 

 

もちろん、私のメッセージの書き下ろしにも、

 

たくさんのお客様に来ていただきました。

 

 

書き下ろし愛さん600.jpg

会期中、約30人の方へと書き下ろしさせていただきました

ありがとうございます!!!!! 

 

 

こうやって今、作品展を振り返って、

 

思うのが、単純に、

 

いかに日々の積み重ねが、

 

大切なことであるのかということ。

 

 

思えば、作品展会場のカフェギャラリーモカさんは、

 

今まで6年間、私の作品展で、お世話になり、

 

たくさんのご縁をいただいた場所。

 

 

一人一人の人間に、丁寧に向き合い、

 

一枚一枚の作品を丁寧に仕上げる。

 

 

この単純なことの繰り返しが、

 

ちゃんと出来ていたのだろうかと、自戒し、

 

ちゃんとやっていこうと決意することになった

 

5日間でした。

 

  

 

さんにんモカ600.jpg

 モカの新村さんとともに・・・・・

  

 

期間中お世話になった、

 

カフェギャラリーモカの新村さん、

  

そして、妻の美子、

  

お忙しい中、遠いところからも、

  

来ていただいたお客様に、

  

厚く御礼申し上げます。

  

ありがとうございます!!!!!

 

 

 

詩人stan作品展「詩人は、遊んでる」 御礼!

 

 

11月23日(木曜日)から27日(月曜日)まで、開催した

 

カフェギャラリーモカさんでの、詩人stan作品展 「 詩人は、遊んでる 」、

 

  

 

そして、11月30日(木曜日)から12月4日(月曜日)まで、

  

開催した、美子Artとの、初コラボ作品展、

  

∞めおとわごう∞ 展」を、終えて

  

ほっと一息ついているところです。

  

 

かなり、ハードな2週間でした。

   

  
   

だけども、それだけに、すごく充実していました。

 

何よりも嬉しかったのは、

 

1点1点の作品を、

 

本当に納得いくまで、

 

今できる、ベストを、尽くして、

 

仕上げることが、できたこと。

  

 

私は、今まで、10年以上の間、

 

自分で、撮影した写真に、言葉を

 

手書きで、筆文字で、書いた作品を、

 

制作してきましたが、

 

 

やっと、写真と、それに書いた筆文字の

 

両方を、バランスよく表現できるところまで、

 

達したと思うのです。

 

 

見に来ていただいたお客さまからも、

 

「 写真に、言葉が加わることで、両方が活かされているね。」

 

といった、嬉しい感想をいただけました。

  

 

  

  

   

これも、6月から始めた、

 

ポートレイト撮影+メッセージの書き下ろし 』で、

( ※こちらは もうすぐ正式メニューとして募集を開始します! )

 

妻の美子にガミガミ言われながら、

 

一人一人のモニターさんに対して、

 

丁寧に作品を、仕上げてきた効果なんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

詩人stan作品展 「 詩人は遊んでる。」で、

 

展示した作品は、

 

私が、撮りためてきた、花や、空や、夕陽などの

 

写真に、

  

こころり庵の仲間たち、

moon33さんが ブログに綴ってくださってます

→ “ インスピレーション高める日々***

 

私と同じ和水町に住む、画家、小林先生夫妻、

 

木工の 工房+木 の小野さん、

感想をブログに綴って下さってます → “ 1回休み

  

美子の親友のヒーラーのマユミン

  

私や、妻の美子の両親といった、

 

今まで、出会ってきた人たちに

 

向けたメッセージを筆文字で、

 

書き下ろしたもので、

 

すごくプライベートなものでした。

  

 

だけども、その個人に届けたメッセージが、

  

たくさんの人たちへのメッセージにも、

  

なっているというのがわかって、すごく

  

面白かった。

  

  

そして、今回展示した、作品が、

 

新しいメッセージの書き下ろしのスタイルに

 
繋がりつつあります。

( ※こちらも新しいメニュー『 フォトメッセージ 』として もうすぐ募集開始します。)

 

 

 

今回の作品展を通して、

 

大きく前進できました。

 

 

 

カフェギャラリーモカの新村さん、

 


新村さんと美子と・・・・・ 

 

    

合同で、作品を展示してくださった、

 

ステンレスアクセサリー作家の福里さん

 

福里さんのステンレス作品と・・・・・   

  

 

そして、期間中、忙しいなかから、足を運んで、

  

見に来ていただいたお客様、

   

  
 メッセージの書き下ろしを、

  

受けに来てくださったお客さまに、

 

    

 

 

   

厚く御礼申し上げます。

  

  

ありがとうございます!!!!!

 

  

 

 11月30日(木曜日)から12月4日(月曜日)まで、

  

開催した、美子Artとの、初コラボ作品展、

  

∞めおとわごう∞ 展」については

 

次の記事にて・・・・・。

 

 

展覧会のお知らせ “詩人は遊んでる。”

 

 

良子おかあさん600.jpg 

 

 

本日より、はじまります!!!!!!!
 
展覧会は、二週間あり、
前半は、フォトメッセージを中心に展示。
  
 

    
今まで、私が出会った人たちへのメッセージ。

 

それぞれの方の、顔を思い浮かべながら、

 
これまで撮影してきた、たくさんの写真の中から、

 
その方のエッセンスを感じる一枚を選び出し、

 
一枚一枚、写真の上に、筆文字で書いています。
  
 

  
今までになく、気持ちのいい空間に仕上がりました。
  
ぜひ、ギャラリーモカさんの、
美味しいコーヒーを召し上がりながら、
フォトメッセージを眺めに来てください。
 

 
 
  
11月23日(木)〜27日(月)
作品展 “ 詩人は遊んでる。”
 
カフェギャラリー・モカ

熊本県玉名市高瀬255-2
 
11:00〜17:00

入場無料
  
ステンレス作家 福里氏との二人展
 
こちらは、写真への詩の書き下ろし作品中心です。
  

 
※ 11月26日(日)は 撮影のため作家不在

 
※ 24日(金)25日(土)は
  ギャラリーでの 詩人stanの書き下ろしセッションあり!
  ご予約は 直接 メッセージくだされば対応できます

 
メッセージは こちらからどうぞ!

 

 

 

 

∞◎∞

  

モニター募集 第三弾!

(ポートレート撮影 + メッセージ書き下ろし)の お知らせ

受け付けは終了しました
 
12月になりましたら 正式メニューとして始めますので
どうぞ よろしくお願いします!!!
  

*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*
   

インフォメーション

イベント出店 ∞ 作品展情報  
DMモカ前半2017600.jpg
     
11月23日(木)〜27日(月)
作品展
“詩人は遊んでる。”
カフェギャラリー・モカ
熊本県玉名市高瀬255-2
11:00〜17:00
入場無料
ステンレス作家 福里氏との二人展
 
こちらは、写真への詩の書き下ろし作品中心です。
   

※ 11月26日(日)は 撮影のため作家不在

※ 24日(金)25日(土)は 詩人stanの書き下ろしセッションあり!

   
 
  
DMモカ後半2017600.jpg
   
11月30日(木)〜12月4日(月)
作品展
“ ∞めおとわごう∞ ”
カフェギャラリー・モカ
熊本県玉名市高瀬255-2
11:00〜17:00
入場無料
初のコラボ作品展
 
こちらは、書の作品中心です。
   

※ 12月3日(日)は 撮影のため作家ふたりとも不在
※ 1日(金)2日(土)は 詩人stanの書き下ろしセッションあり!

 
 

詩人stan作品展「詩人は働かない。」を終えて...。

 

短い期間でしたが、

 

詩人stan作品展 「詩人は働かない。」

 

を、見に来てくだっさたお客様、

 

そして、私が作品展会場に、いない間

 

お客様の対応をしてくださった、

 

工房+木 の小野さんに

 

厚く御礼申し上げます。

 

ありがとうございました!

 

 

 

小野さんの私や私の作品に対する、

 

細やかな配慮がとても、ありがたかった。

 

 

何よりも、小野さんが、手掛けて、

 

家具職人なだけに丁寧に作りこんで製作した、

 

額縁に私の作品を収めて

 

展示することができたので

 

凄くよかった。

 

 

小野さんが作った額は

 

額そのものは、とて自己主張が強いけど、

 

私の作品をよく引き立ててくれて

 

ひとつの作品として、

 

非常に質の高いものとなりました。

 

 

気合いをいれて、納得いくまで、

 

文字を何度も書き直したり、

 

写真を何枚もインクがなくなるまで、

 

プリントアウトして、

 

作品を描いた甲斐が、ありました。

 

 

 

以前からイベントを通して、知り合いだったけど、

 

あまり長く話したことがなかった、

 

小野さんとも、たくさん話ができたのも、

 

嬉しかった。

 

 

今年も10月に、小野さんが主催する、

 

バンコカフェというイベントがありますが、

 

それには、ずっと出店し続けたいと

 

思いました。

 

 

 

今回の作品展は、今まで

 

他に仕事をしながら、残った時間を

 

フル活用して作品を書き

 

急ぎ足でバタバタしながら

 

1ヶ月に一回という、

 

ペースで作品展をしていた頃のものとは違い

 

仕事を辞めて、作家としての活動一本に集中し、

 

ゆっくり時間をかけて

 

納得いくまで、書き直し

 

最善のものを表現しました。

 

 

今、それをできる時間があることが、

 

すごく嬉しい。

 

 

それだけに、もっと沢山の人達に

 

作品を見ていただきたいと、思い、

 

それ相応の作品を書くべく、

 

もっと、自分と真正面から向き合い、

 

もっと言葉に鋭い力があるようなものを

 

書けるようにしっかり準備して、

 

次に望みたいです!

 

 

 

  

 

 

逢600.jpg 

 

 

 

作品展のご案内

 

 

昨年の冬、結婚を機に、

 

和水町に引っ越し、バイトをやめて、

芸術家として一本立ちする道を選んで 初の、

 

詩人stan の作品展を、開催します。

 
 

 

 

詩人stan 作品展2017

「 詩人は働かない。」

 

 

日時

2017年5月3日(水)〜7日(日)

10:00〜18:00

 

場所 

工房+木

熊本県玉名郡和水町高野1346−1

tel  090-1407-9479

 
『 工房+木 』は、菊水インターより 車で5分

 

 

 

 

作品展のタイトル

「 詩人は働かない。」 は、

これから詩人として、芸術活動一本で、生きていく

 

という

決意表明を、意味します。

 

 

結婚をして、和水町に移り住み、

大きく変化したライフスタイルの中

 

気持ちも新たにして、作品を制作するにあたり、

 

使う道具も画材も変えて、

 

今まで以上に、自分と正面から向き合い、

 

そこから出てきたものを、

言葉にして、描きました。

 

 

一言でいうなら、

 

 

 

今までの自分とは、違います。

 

 

 

 
 

ゴールデンウィークの最中では、ありますが、

 

ぜひとも、その目で作品を観に来ていただきたく思います。

 

 

 
   
きらきら花600.jpg 
 
 

ちょうど、この時期

和水町の肥後民家村では、

 

アートイベント「里山美術展」が開催され

 

そちらにも、私は、作品を出展、

会場では、

インスピレーションで、

あなたへのメッセージを書き下ろしします。

 
 
ふたつの会場は、
同じ一本の道で繋がっています。
 
車で、約10分の道のりです。

 

 

作品展を観られた後、里山美術展の私にも

会いに来てもらえたら、嬉しいです。

 
 
  
並んだ藤600.jpg 
   
工房+木での
「 詩人は働かない。」 では、
自分で撮影した写真に、
詩を筆書きした小品群を、
 
里山美術展では、
大型の書の作品を
展示します。
 
それぞれに
違った趣の展示となりますので、
お越しの際には、
ぜひ、両方の会場をご覧になってください。

 

  

 

  

*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*+∞+*
  
 
インフォメーション

作品展情報
 
 
🔘5月2日(火)〜6日(土)
第15回 里山美術展
熊本県玉名郡和水町江田302
10:00〜17:00
(最終日は16時まで)
入場無料
大型作品の展示とメッセージの書き下ろしをします
 
🔘5月5日(金)
大書パフォーマンス
里山美術展にて
14:00〜 
肥後民家村野外ステージ
  
🔘5月3日(水)〜7日(日)
“詩人は働かない。”
『 工房+木 』2階ギャラリー
熊本県玉名郡和水町
1