大自然の中での微笑み

 

今回は、遠く大阪から、

熊本まで、お越しいただいた

祥子さんのポートレイトメッセージ作品を

紹介します。

 

 

余膳さん73000.jpg

 

 

「写真を撮られるのは、苦手で..。」

と言われていた、祥子さん。

 

まずは、美子とのメールのやりとりで、

撮影場所は、阿蘇小国の

ハーブ農園『あっぷるみんと』&自然食レストラン『風のもり』さんに

決まっていましたが、

水の流れに緊張を、流してもらうことを意図して

現地に向かう途中、菊池渓谷に

寄って行くことにしました。

 

 

余膳さん63000.jpg

 

 

渓谷を散策しながらの撮影。

その壮大なスケールを感じる

自然にふれ、緊張していた

身も心も、ほどけていき、

 

次から次へと、

美しい表情をした、ショットが、

産み出されました。

 

 

余膳さん33000.jpg

 

 

やはり、いつもながら、

このポートレート撮影、

自然の安らぎに助けられているんだなあと、

つくづく思います。

 

その後のあっぷるみんとさんでの撮影も、

敷地内の自然栽培農園の、

何だかホッと、するような雰囲気の中

面白い写真が、たくさん撮影できました。

 

 

余膳さん23000.jpg

 

 

私は、毎朝、起きて

庭の植物に水をやっていますが、

何となく水をまきながら、

心落ち着くような気持ちになるのです。

あっぷるみんとさんの自然農園は、

その時と同じような気持ちになれる場所でした。

 

 

余膳さん43000.jpg

 

 

 

 

その瞳の深い所に、熱い輝きを

秘めた、祥子さん。

 

 

 

 

そんな祥子さんから、エッセンスを

感じて、出てきた言葉は、

「自分なりの幸せを肌で感じて、導き出す。」

それを、『 導 』、という一文字で、表現しました。

 

 

043余膳祥子さん.jpg

 

 

文字の色は、ターコイズブルーです。

祥子さんの、見た目だけでは、わからない

深い所に潜む、青い炎のような熱意を、

あらわしています。

 

 

 

 

祥子さん自身のブログ

『 心と体にきくレシピ 』でも、

今回の撮影の模様を、紹介していただき、

嬉しい感想をいただいています。

 

「導き」

 

「自然の中にいると、ありのままの私でいられる。」

 

「花のように生きる」

 

「番外編<ちっとも飛ばへんやんか>の巻」

 

 

写真を撮られることが苦手

ましてや撮った写真を観るのもイヤ

そんな私が賢太郎さんに

撮っていただこうかと

思ったのは

熊本の雄大な自然と

賢太郎さん&美子さんご夫妻に

お会いしたかったから。

 

心が洗われるような大自然と

ありのまま自然体で

今を生きるお二人に癒され

いつのまにか

自然体の私になっていた

 

高瀬太郎さん&美子さんご夫妻

一緒にいるだけで安心に包まれます

 

 

 

余膳さん53000.jpg

 

 

∞ 

 

  

 ちなみに祥子さんは、

料理の先生やfloweringセラピーをされていて

先日、floweringセラピー® 認定セラピスト

になられました。

 

ホームページは、こちらです。

『クール・ド・ルセット』

 

これからも、

ふんわりと柔らかな雰囲気を持った祥子さんは、

芯の通った熱い気持ちで、その道を極めて

自分のことを、そして

たくさんの人のことを、導いていかれるんだろうなあと、

思います。

 

 

余膳さん83000.jpg

 

 

祥子さん、遠くからお越しいただき

撮影させていただいて、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

 

 

コメント