再び、八代でメッセージを贈る。

 

先日、以前よりご縁があって、お世話になっている

裕美子さんに、今年の春に続いて再び、呼んでいただいて

八代で、イベント出店させていただきました。

 

今年の春の八代イベント出店の記事はこちら。

→「春の日射しの中メッセージを贈る

 

ほんの少し肌寒い日でしたが、天気にも恵まれて

出店するまえに、美子と所縁のある場所に、お祈りに行き

すごく充実した気持ちで、来ていただいたお客様に

書かせていただきました。

 

ここ数か月、朝六時に起きて

作品を書いているのですが、

そんな日々を過ごしているうちに

なんとなくほどよく力が抜けた、

良い字が、書けるようになったものだなあと、

我ながら、書き下ろしの写真を見て、思います。

 

 

yumikosan.jpg

今回も、裕美子さんに

書かせていただきました。

 

あなたは いつのひも 胸の奥から

みなぎる まぶしい光で 人を照らし

そして そこからまた 光をもらってゆく。

 

 

 

_MG_8108.JPG

ゆかりさんも、今回二度目の書き下ろしです。

 

あなたの 日々の 心のかまえが 

日々の あなたを 整えている

あなたが 一日を 大切に すごしているから。

 

 

 

_MG_8111.JPG

 

あなたの心に みずみずしさがあって

人にも あなたにも 夢を与える。

あなたを見て あこがれ

生き方も変わる 人がいる。

 

 

 

英鮨.jpg

隣で出店されていた

お寿司屋さんにも、、、。

 

その心で 日々を笑いながら

生きて 日々人に

その笑える気持ちを ひろげて

楽しかったといえる 時の数を増やす。 

 

 

 

_MG_8121.JPG

 

あなたのその 心おだやかさは

身のまわりのものにも

やわらかな 光をあてる。

その光 いつもほのかに 温かく。

 

 

 

_MG_8120.JPG

毎回イベントでは、必ず美子に書きます。

 

あなたは あたたかさ やさしいものに

包まれて 今の日々を 満たされすごす

これからの 未来のことも どこかで

安心をして 生きる。

 

 

 

今回は、写真と言葉の作品

販売させていただきました。

たくさんの人たちに、ご好評いただいて嬉しいです。

 

 

 

 

 八代まで、呼んでいただいた裕美子さん、

来ていただいたお客様、

書き下ろしをさせていただいたお客様に

厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!!

 

 

∞ 

 

 

 【 注文制作 】 ポートレートメッセージ

   

【 注文制作 】 フォトメッセージ 

  

【 販売作品 】 書の紹介
  

 

【 販売作品 】エッセンスフォトの紹介

 

Instagram  詩人 賢太郎

 

 

 

 

 

 

コメント