らぶらぶなふたりのポートレイト・・・作品の紹介

 

 

もう、だいぶ前になりますが、

  

7月に入ったばかりの頃、

  

大分のくじゅうの

  

男池(おいけ) という場所で、

  

ポートレイト撮影を、しました。

 
 
 

  
yokohei16.jpg  

 

  

黒岳の原生林に囲まれ、

  

コバルトブルーの、綺麗な湧き水や、

  

名水の滝があるところです。

   

  

  

今回の撮影は、

  

私にとっては、初めての、

  

カップルのポートレート。

 
 

  

yokohei13.jpg  

  

 

おふたりは、パートナーシップ専門のツインセラピストとして、

 

神戸を拠点に、活躍なさっていらっしゃいます。

 

 

∞◎∞

  

おふたりのブログ
 
21歳年の差カップルの超リアルな日常 」 
 

 

   

    

彼らのリードするワークショップのお仕事で、

  

福岡まで来られる機会があったので、

 

その次の日に撮影を、ということで、

 

ご依頼がありました。

  

  

  

撮影場所について、

 

まずは、メールで、福岡近郊の海を提案したのですが、

  

「できれば 緑のある場所を希望します

 

森とか 滝とか

 

海も好きなのですが

 
わたしたちは 山派のようで

 
山にいくと 全細胞が喜びます
^^」

   

との、お返事。

 

  

 

お客様は、ずっとガーデニングの

 

お仕事をされていて、緑が大好きな方。

 

 

それならば、思いきって、

 

九州の奥のほうの、

 

緑深い自然を満喫していただこうと、

 

くじゅうの原生林がある、男池を

 

提案。

 

 

  

“ 美しい原生林 ” の一言に、

 

ぜひ、行ってみたいです!

 

と、話がトントン拍子に決まり、

 

福岡から、ワークショップのあと、

 

九重まで、足を伸ばし、

   

一泊していただくことになりました。

 
 
yokohei06.jpg
 

  

男池の原生林を散策しながら

 

撮影しているあいだ、

 

ふたりの様子をみて、どれほどまでに

 

深く魂で繋がっているのかが

 

ファインダー越しに、伝わってくるような気がしました。

 
 
 

 

yokohei08.jpg
  

  

原生林を満喫するのに夢中なパートナーの女性を、

 

静かにしっかりと、

 

傍らで支える男性。

 

 

このふたりの様子をみて、

 

きっと、たくさんの人たちが、

 

このふたりの生き方に、

 

魅了されるんだなあと、思いました。

   
   

 

私も、今回のポートレイト撮影を、

 

通して、同行してくれた美子とともに、お二人に出会い、

 

繋がることができて、よかったです。

 

 人生に二度とあるかないかの、素敵な出会いでした。

 
 
 

 

yokohei15.jpg 

 

 

そのふたりを撮影した、写真を見て、

 

出てきた文字は 『 道 』。

 

 

そして、そこから、長い詩が

 

出てきました。

 

 

それを、写真に、さまざまな構成で、

 

十枚以上、書いていったけど、

 

なかなか、納得がいくものになりませんでした。

 

 

『 道 』 という一文字の表現を中心に、

 

詩の言葉を、削ぎ落として、

 

どこまで伝わるかをチャレンジした結果、

 

本質を伝えるものがやっと、

 

最後に完成した、と感じました。

 

 

  

 

陽子さん光平さん600.jpg 

 

 

 

妻の美子は、

 

完成した作品を見て、

 

「 これは、新境地がひらいたね!」

 

と、大喜びしていました。

  

  

美子が言うには、

 

『 道 』には、〇〇道のような “ どう ” の意味も、

  

陰陽和合の “ TAO ” の意味も、

  

含まれているね。

 
それでいながら、

 

この 『 道 』 の文字が、軽やかで、

 

見るからに楽し気で、

 

本当に、一緒にいることで、

 

喜びが溢れ出ている、

 

あの、おふたりそのものを表しているようだね。


と、言ってくれました。

 

  

私は、自分ではそこまで、考えてやった訳ではないけれども、

 

そのように、言われて、

 

とても、嬉しかったです。

  

  

 

 

 

また、数日後、作品を、受けとった、

 

お客様からは、

 

 

「 写真に撮られるのは苦手だったけど、

 

賢太郎さんが、何のジャッジもなく、

 

そこにいてくれるので、緊張せずリラックス出来た。」

 

という言葉をいただき、

 

とても、嬉しく、ありがたかった。

 

   

    

 

そののち、

  

作品を受け取っての感想を、

  

おふたりのブログに綴って下さいました。

  

道 それはあり方

  

  

ふたりのこれからの道の、

 

確信と決意として、

 

受けとってもらえました。

 

 

ありがとうございます!

 

 

yokohei01.jpg

 

  

 

∞◎∞

  

 

ポートレイト撮影をするにあたって、

 

自分は、どんなスタンスでいればいいのかを、

 

今回の撮影を通して、体感できつつあります。

 

 

 

  

さて、おかげさまで、

  

モニター撮影と、書き下ろし制作を通して、

  

さまざまなことが、見えてきています。

 

  

場所の選定、撮影の時間、休憩も含めた全体の流れ、

  

作品のお渡しの方法、予算的なこと・・・・・。

 

  

それらを踏まえた上で、

  

“ポートレート撮影+メッセージ書き下ろし”

  

モニター募集 第二弾 を、

  

近々、行いたいと思います。

  

  

どうぞ、よろしくお願いいたします。
  

  

 

コメント