水のエレメントの人

 

 

今回は、初めて、雨の降る中、ポートレイト撮影をしました。

 

 

当初は、9月の半ばくらいに撮影する予定でいたのですが、

台風がちょうど九州に上陸してしまい、

約一ヶ月、延期をしての撮影でした。

  

にも、かかわらず、またもや天気には、振られてしまったようで、

美子に、カメラが濡れないように、傘をさしてもらいながらの、撮影。

 

場所は、またまた飯田高原の男池。

 

今回のモニター、玲子さんには、

まず、コンビニによく売ってる透明な傘をさしてもらい、撮影。

 

 

玲子さん02600.jpg

 

  

この透明な傘こそが、

どんな服にもよくマッチすることが、判明した。

 

それにしても、たとえ雨が降っていようとも、

男池でのポートレイトは絵になります。

 

いつもは、素通りする、

小川が流れる橋の上で、撮影をすることになったのも

この天気が、なせる技なのかもしれない。

 

 

玲子さん01600.jpg

  

  

橋の上には、たくさんの落ち葉が落ちていて、

これが雨に濡れて、いい色彩になっていました。

 

私たちが、

自宅から持参した和傘を持って橋の上に立つ玲子さん、

素晴らしく絵になります。

 

スカートに着替えるつもりが、

この天気のために、それが出来なかったと、

玲子さんは、言ってましたが、

 

なんの、着替えずとも、

今の服のままでも充分だと思いました。

  

 

∞◎∞

  

 

奥のほうにある滝まで移動。

 

天気は、相変わらずポツリポツリと雨降りだったけど、

傘なしでの撮影。

 

最後は、少し寒そうだったけど、

なんとも言えない爽やかな表情を、捉えることが、できました。

 

 

玲子さん03600.jpg

  

  

玲子さんは、

最初は、帽子を被って、撮影にのぞもうとしていました。

 

なんでも、髪がくせっ毛であることが気になるという。

 

しかし、帽子を被っての撮影は、顔半分が、影になり

まともに、表情を捉えることが、難しく、

やはり顔がしっかり見えるには、

帽子は、被らないほうがいいんだなということが、

今回の撮影でわかりました。

 

 

玲子さん05600.jpg

 

  

くせっ毛だったとしても、

それが個性で、それが魅力になりうるのです。 

 

  

かくいう私も、前は、帽子を被っていることが多かったのですが、

それをやめることで、

隠していた自分を少しずつ、人前にだせるようになりました。

 

しかし、まあ、私の頭触って喜んでるのは、玲子さんが、初めてですけどね。

 

  

 

撮影後のランチタイムのスナップショット 飯田高原のweedさんにて

 

 

そんな玲子さんからインスピレーションで出てきた言葉は、

 

「 心からの笑い。」

 

玲子さんの自由な気持ちの先には必ず、

心から笑える日々がある、

そんなふうに思えたのです。

 

写真のように、

こんなにも心からの笑顔が出てくるんですからね。

 

 

房前玲子さん600.jpg

 

 

作品を受け取られて、

こんな感想を送って下さいました。

 

 

写真、受け取りました!!

めちゃくちゃ良いです〜。

 

自分でいうのもなんだけど可愛い!(笑) 

 

  

本当に素顔を写してくださるんですね。

自分のこんな表情を初めてみました。

 

なんか、生きてて良かったな〜って涙がホロホロでてきます。

 

賢太郎さんの詩も、読めば読むほど感動しちゃって。

 

これは、これから出会う方に私が繋いでいくメッセージもなるんだな〜って。

 

ありがとうございます! 

 

 

 

 

玲子さん、ありがとうございます!!!!!

 

∞◎∞

 

 

ここからは 美子が綴ります

 
さて 玲子さんは
「 flowering セラピー 」のセラピストさんとして
活動名 こころ愛結(めい)さんとして
セッションを はじめられています
 
 
この撮影の頃は
ちょうど セラピストとしての準備をすすめていらっしゃる時期で
 
撮影の時のことを
ご自身のブログに綴られていますが・・・
 
本当に 細やかに
自分を見つめ 気づきにしていかれてる方でした
 
素晴らしい!
 
 
∞◎∞
  
東京から 前泊してのお越しだったので
台風で延期になったときは
どうしよう!って 心配でしたが
 
飛行機もお宿も
キャンセル料発生せず延期することができたとのこと
ホッとしたのも束の間
 
延期した この日も
またしても 雨!
 
 
撮影の日の朝
ふと 思ったんです
 
雨の中での撮影は 
どうなるか 不安だけども
 
もしかして 玲子さんって
雨が似合う方なのかも・・・・・
水のエレメントとの親和性が高い方かも!
 
そんなインスピレーションがやってきました
 
 
だから 男池の原生林や大樹たちは
ほとんど素通りして
瀧へと直行!
 
ホント お一人お一人
同じ場所で撮影したとしても
はまる場所は 全然違うんですね
 
玲子さんは
瀧の前で より一層
いきいきと輝きを増していらっしゃいました
 
  
案ずるより産むがやすし!
 
この撮影の体験を経て
私たちも
さぁ  なんでも ドーーーーーンとこい!
って
自信が持てるようになりました
 
 
また 撮影に来られる皆さんが
 
私たちと会うことで
ふとした会話の中からでも
気づきを得られていらっしゃる様子を観て
 
もっともっと 精進したいな
自分たち自身を
どんどん磨いていきたいな
 
そんな思いを強くしました
 
 
∞◎∞
 
  
これから 玲子さんのセラピーを通して
“ 自由 ” になっていかれる方が
たくさんたくさん
いらっしゃることでしょう
    
私たちにも 素晴らしい気づきの時間を
ありがとうございました! 
コメント